頸椎症性脊髄症になった私

2018年12月27日に頸椎症性脊髄症と診断されました。2019年4月10日に椎弓形成術を受けました。現在もリハビリ生活しております。

健康体に戻りたい。身体は資本です。

磁気刺激電気刺激運動誘発電位検査(MEP)って

手術前に広島大学病院で受けた検査ですが、これって何がわかるんでしょう。
未だに謎ですが。
右半分だけ異常値が出ていました。
写真はネットから参考までにお借りしました。
とても不思議な検査でした。特に痛い訳ではありませんでした。
頭に8の字の形をしたコイルみたいなものを当てて、バチッという頭を軽く叩かれるような刺激を受けてピクッとなったり、全身が浮き上がるような、跳ね上がるような刺激だったり…
手足に低周波治療器の電極みたいなパットを付けて2本の棒が出ている電極を手足に当ててピクピクするのをパソコンにデータ波形みたいなもので示されていて、先生が、それを後日結果を伝える日までに何やら割り出すとか言う感じの話をされていました。結局、これで何がわかるのか、私には良く分かりませんでしたが、後日の結果で、右半分だけ異常値が出ていますとの事でした。
ネットで調べてみても、イマイチ、難しくてよく分からない、とにかく不思議な感覚の検査でした。

ここに、少し検査の事が書かれてましたが、私にはよく分かりませんでした(^^;;
覚書として、残しておきたいと思います。↓

5003
5003
FullSizeRender
FullSizeRender

犬派?猫派?聞かれても困るなぁ…笑

私は学生時代、実家でトイプードルを飼っていました。15年生きました。
とても可愛くて、お座り、お手、お代わり、伏せ、お回り、ジャンプ、いろいろできる子でした♡お星様になる2年くらい前から心臓が弱くなり、発作を起こしたりしていました。
最後も心臓発作で虹の橋を渡ってしまいました(>_<)
旦那は、シェルティを飼っていました。
この子もとても賢くて、名前を呼ぶと走って来て、旦那の言うことなら良く聞きました!
私が嫁に来た頃にもまだまだ元気でしたが、5年くらいして、骨肉腫になり、2回手術をしましたが、虹の橋を渡ってしまいました(>_<)
その後、ショックで、しばらく動物を飼えなくなりました。
黒猫のシジミちゃんは、長女が大学で一人暮らしをしているときに保護した猫なんです。
それをうちで引き取り、今に至ります。
なので、犬派?猫派?と聞かれたら、どっちも大好きだから、選べません(^-^)
家族ですから…♡
IMG_2079
IMG_2096
IMG_2097

シジミちゃんは甘えん坊さん

黒猫のシジミちゃん、寒いとコタツに入れてくれと意思表示する。
暑くなると出てきてフローリングでゴロン!
そして、私のベッドの上でいつもゴロゴロ爆睡。
ツンデレだから、いつもこっちがデレデレしてたら、シレッと通り過ぎてるけど、甘えん坊さんなので、そのあと必ず顔に鼻を付けてくる。そして目を見つめてくるから、たまらない♡
(^-^)
私が病気してから、寝込む事が多くなってた頃、いつもそばで一緒に寝てくれてた。
今思えば、心配してくれてたのかな…
寄り添ってくれる猫ちゃんに、癒されながら日々穏やかに過ごして行けると良いなぁと思う私です!
IMG_1953
IMG_1954
IMG_1892
IMG_2053
IMG_2058
IMG_2061

アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ